演題登録

演題区分

下記の演題区分によって演題を募集いたします。

演題の採否および最終的な演題区分、発表形式は会長に御一任下さい。

演題区分
1 医用画像解析(放射線画像)
2 医用画像解析(内視鏡画像、病理画像)
3 医用画像解析(その他)
4 オミックス解析
5 統合データベース
6 医療情報(自然言語処理)
7 サイバーセキュリティー
8 クラウド・ネットワーク
9 生命倫理・法整備
10 その他

発表形式

口演、ポスター発表

募集概要

学術集会ホームページ内、演題登録フォームよりご応募ください。

  1. 演題募集期間は2018年10月20日(土)までです。
    演題の登録は締切りいたしました。多数のご応募ありがとうございました。
  2. 登録概要
    演者 筆頭演者は必ず発表者とし(筆頭著者+共著者)10名まで
    施設 10施設以内
    演題名 65文字以内(英語80 words)以内
    本文 全角840文字 (半角英数字1680文字)以内

応募資格

学術集会での発表は筆頭演者、共著者も含めて日本メディカルAI学会会員に限られます。非会員の方は、こちらから入会手続きをしてください。

現在、入会手続き中の方は、会員番号は99999にて入力し、入会手続きをしてください。

利益相反について

筆頭演者が企業等の営利を目的とする組織・団体(以下、企業等)に所属しない場合(※1)、その演題に関連する企業等と筆頭演者または親族等(※2)の間における、演題登録2年前より現在までの、以下の1〜10の利益相反状態の有無をお答え下さい。

  • ※1)主たる所属機関が大学・公的研究機関の場合は、利益相反の自己申告が必要です。企業等(ベンチャー含む)を兼業されている方で、発表内容が当該兼業事業と関係する場合は、当該企業等に所属されている旨、参考例に従い、発表時の最初にスライド開示をお願いします。
    参考例(PowerPoint .pptx)
  • ※2)「親族等」の定義:配偶者、一親等内の親族、生計を共にする者。
  1. 企業等の役員・顧問職:1つの企業等から年間100万円以上の報酬
  2. 株:1つの企業の1年間の株式による利益(配当・売却益の総和)が100万円以上、あるいは当該全株式の5%以上を所有
  3. 特許権:1つの使用料が年間100万円以上
  4. 講演料・司会料等:1つの企業等から年間50万円以上
  5. 原稿料:1つの企業等から年間50万円以上
  6. 研究費(受託研究費、共同研究費、臨床試験、治験を含む):1つの研究課題に対して総額が年間200万円以上
  7. 奨学(奨励)寄付金:研究代表者あるいは研究室代表者に年間200万円以上
  8. 寄付講座:1つ企業等が提供する寄付講座に筆頭演者が所属している場合
  9. その他の報酬(研究とは無関係な旅行・贈答品等):1つの企業等から年間5万円以上
  10. 当該研究結果に影響を与えうる企業等からの研究員、労務(データ管理、解析、論文執筆等)、設備、施設等の提供受け入れ